お知らせ
お知らせ
作成日:2013/08/09
若者を"使い捨てる"「ブラック企業」4000事業所に対して来月に集中的な監督指導が入ります。



厚生労働省は8日、若者の“使い捨て”が疑われるいわゆる『ブラック企業』について、来月9月に集中的な指導を行うことを発表しました。

具体的には次の3点について確認するようです。

@時間外・休日労働が36協定の範囲内か?
Aサービス残業の有無
B長時間労働者については医師の面接指導があるか?

また、パワーハラスメントについての周知徹底も行う予定です。

詳細は下記URLをご確認いただけますようお願いします。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000014323.html





 
お問合せ
社会保険労務士法人アンカー
〒399-0703
長野県塩尻市広丘高出1547-5
フルール高出1階
TEL:0263-87-6058